top visual

appArray Inc.

“Resolve our own issues to make the world better”

『我々の困っていることは、みんなも同じように感じている』
この直感を信じて、人々の困りを解決することを志しています。

“Non-existent, yet Essential”

どこかで見たことのあるものではなく、
“今はない、あるべきモノ”を、妥協の無いプロフェッショナリズムで作っています。

“Mobile + Web”

AppStore 有料総合1位を二作連続獲得、強みであるアプリ開発を主力に、
今は英会話学習アプリSpeakBuddyに力を入れています。

会社概要

会社名 appArray株式会社

代表取締役 立石 剛史

設立年月日 2013年5月1日

事業内容 英会話アプリ『SpeakBuddy』の企画・開発

資本金 3,450万円

代表経歴

1983年生まれ、慶應商学部卒、会計士補。内部進学だった高校時代は英語がクラスで一番できず、大学時代もTOEIC280点、就職で外資系企業の内定をきっかけに猛勉強し、現在はTOEICはほぼ満点の985点、英検一級受験中。2013年に設立したappArray株式会社で、累計3千時間を費やした自身の英語学習経験を活かしてアプリ開発を始め、AppStore総合1位二作品を含め、開発した英語学習アプリ(マジタン、TOEICアプトレなど)は累計100万人以上に利用される。

代表挨拶

appArrayの代表の立石剛史と申します。まずはこの場をお借りして、SpeakBuddy開発の為に奮闘してくれた沢山の仲間と、応援して下さっている皆様に御礼申し上げます。 私がこのAI英会話作りに懸けているのは、これが何千万人という英語を話せるようになりたい日本人や世界中の人達の全員に対して提供できる唯一の方法だと確信しているからです。 長期の留学をすれば英語は身につけられると思います。ただ、機会や経済的に恵まれている人を除いて、それが現実的な選択肢とならなかった方も多いのではないでしょうか。 私も外資系の職場や海外駐在で「英語さえできれば負けないのに」という悔しい思いをしてきたため、何とか同じ悩みの人を減らしたいと考えております。そして、それを解決するAI英会話を開発するための技術と仲間が現在は揃ってきました。 スタートアップは元気玉のようなものだと思っております。ここまで来るのに映画のスタッフロールのように沢山の方の協力や応援を頂いてきました。信じて下さった方達に、AI英会話の実現で恩返しするのが私の責任です。まだまだ道半ばで多くの方の力を必要としますので、まだお会いしたことの無い方も様々な形でご一緒させて頂ければと思います。

東京都中央区日本橋茅場町2-8-7 茅場町サウスビルディング4階

「茅場町」駅 A2出口より徒歩2分(東京メトロ東西線・日比谷線)

「八丁堀」駅 A4出口より徒歩6分(東京メトロ日比谷線、JR京葉線)